白髪の悩み

そもそもどうして白髪はできるのか

そもそもどうして白髪はできるのかというと、それはメラノサイトという色素細胞の機能が低下するからです。

 

メラニン色素を作ることができなくなると、髪の毛が白くなります。

 

髪の色はメラニンという色素があるから色がついているのです。

 

人は誰でも最初、毛根で髪の毛が作られた瞬間は白髪であり、黒髪になるのはメラノサイトが黒い色素を埋めていくからです。

 

毛母細胞と色素細胞は別物で、白髪は色素細胞が弱って色素を作れなくなるとできることになります。

 

髪の毛の黒色の正体は、髪の毛を構成している18種類のアミノ酸の中のチロシンであり、色素細胞はチロシンをチロシナーゼという酸化酵素によって褐色のメラニン色素へと変えていきます。

 

毛髪に色を与えているのはメラニン色素で、毛母細胞にメラニン色素を受け渡すことで毛髪に色がつきます。

 

白髪になるのは、メラニン色素が何らかの原因でつくられなくなるからで、そうすると毛髪は色を失い、白く見えるようになるのです。

 

年をとると白髪になりやすいのは、メラニン色素を作るメラノサイトがだんだん少なくなるからです。

 

白髪はストレスも関係していて、ストレスがあると髪の健康か損なわれます。

白髪の原因にはどういったものがあるの?

白髪の原因にはどういったものがあるのでしょう。

 

白髪の原因と言えば、加齢が挙げられます。

 

白髪の原因で一番代表的なのが加齢であり、人は年を取ると白髪が増えてきます。

 

加齢により白髪が増えるのは、体の代謝が落ちるからです。

 

栄養が髪の毛まで行き届きにくくなるので、白髪が増えてしまうのです。

 

ストレスも白髪の原因であり、これは血行が悪くなることが要因です。

 

血行が悪くなると栄養が行き届かなくなるので、白髪になりやすくなります。

 

ストレスが溜まると神経細胞に悪影響を与えることになるので、ストレスを解消する努力が求められます。

 

白髪の原因は、栄養不足も考えられます。

 

髪の毛に黒い色をつけるにはメラニン色素が必要で、メラニン色素を作り出すには栄養が必要だからです。

 

現代人は若くして白髪になる人が多いのですが、それはダイエットなどで十分な栄養をとっていなかったり、仕事の忙しさにかまけて十分な栄養を取っていないからです。

 

不規則で栄養バランスの悪い食事を続けていると、白髪が増える原因になります。

 

少しでも白髪を抑えたいなら、髪の毛に栄養をしっかり送り込み、頭皮の血流を良くして代謝を上げる必要があります。