白髪 悩み

ヘアカラーのリスクについて

ヘアカラーにはリスクがあるので、そのことをしっかり認識して使用する必要があります。

 

ヘアカラーのリスクと言えば、ハゲる可能性を高めてしまうことです。

 

ヘアカラーが直接ハゲの原因になるわけではありませんが、髪の毛に与える影響は大きいものがあります。

 

ヘアカラーは、色素薬剤を内部に浸透させることで髪の毛の色を変化させるのですが、その際、キューティクルをこじ開けるので、髪の毛にダメージを与えることになります。

 

ヘアカラーが直接、脱毛や発毛不良の原因になるわけではないのですが、ヘアカラー液が頭皮に付着すると、刺激により炎症を起こしやすくなります。

 

また、ヘアカラーの薬剤が毛穴に詰まると、脱毛の原因になります。

 

ヘアカラーで使われている薬剤は、すぐに炎症やかぶれなどのトラブルには発展しないものの、着実に頭皮にダメージを与えます。

 

少しひりひりしたり、軽い痛みを感じる場合、それが頭皮へのダメージになります。

 

ヘアカラーは、手頃な価格で手軽に染められるので人気がありますが、使い続けるとこうしたリスクがあることを知らなければなりません。

かゆみやかぶれの原因はジアミン系薬剤

白髪染めを使用するとかゆみやかぶれなどの症状が出ることがよくありますが、その原因はジアミン系薬剤になります。

 

市販の白髪染めの多くに、ジアミン系薬剤が含まれていて、使用すると頭皮にかぶれやかゆみなどの症状が出てきます。

 

白髪染めに含まれているジアミンという成分は、アレルギーを引き起こす元になります。

 

アレルギー反応をジアミン系薬剤によって起こしてしまうので、かゆみやかぶれが露呈するのです。

 

ジアミン系薬剤が怖いのは、一度アレルギーになるとその後、ずっとその症状が出てしまうところです。

 

白髪染めを使用してかゆみやかぶれなどの症状が出てしまった人は、すくに使用を中止する必要があります。

 

アレルギー反応が出てしまった人は、ジアミン系薬剤を使用していない白髪染めを使用しないといけないのですが、その際、おすすめなのがトリートメントタイプの白髪染めです。

 

ヘアカラートリートメントタイプの白髪染めは、天然成分で作られているので髪や頭皮に優しくなっています。

 

アレルギーはもちろん、かぶれやかゆみなどの心配なく、白髪を染めることができます。