白髪の悩み

ヘアカラートリートメントで髪を染めるメリットとデメリット

ヘアカラートリートメントで髪を染めるメリットは、頭皮や髪にやさしく、アレルギーが出にくいところです。

 

アレルギーの原因となる化学薬品が入っていないので髪や頭皮にやさしくなっています。

 

化学薬品の影響で薄毛になったり髪が細くなる心配が少なく、化学薬品入りのヘアカラー剤と違って、アレルギー反応を起こしにくいです。

 

ヘアカラートリートメントなら、薄毛の原因になったり髪が細くなったりすることがなく、頭皮にダメージを与えることがありません。

 

使っていくうちに髪にツヤがでて髪がしっとりするのもメリットで、トリートメント成分が含まれているので髪を傷めません。

 

パサついたり髪がゴワゴワすることなく、髪をキレイにすることができます。

 

ヘアカラートリートメントで髪を染めるデメリットは、中々染まらないところです。

 

市販のヘアカラー剤と比較すると染まりが悪く、一般的なヘアカラー剤と違ってキレイに染まりにくいです。

 

ヘアカラートリートメントの場合、数回使い続けないと染まりません。

 

また、色が落ちやすいのもデメリットで、メンテンナンスとして週1〜2回くらいは使用しないと色が落ちてしまいます。

一時着色料(白髪隠しなど)のメリット・デメリット

一時着色料と言えば、白髪隠しなどがあり、このタイプの白髪染めはとても便利です。

 

手軽で簡単にすぐに染めることができるからです。

 

一時着色料を常備しておけば、どこでも簡単に染めることができ、一時的に白髪を隠したい時に役立ちます。

 

一時着色料のメリットは、すぐ色を付けられるところで、このタイプなら染める下準備が必要ありません。

 

白髪が目立ちやすい髪の生え際や分け目の部分を簡単に染めることができ、染めた後、洗い流す必要がありません。

 

一時着色料は小さめの商品が多いのでバックなどに入れられて持ち運びしやすいメリットもあります。

 

白髪隠しは、頭皮にも髪にも優しくなっているので、髪や頭皮にダメージがありません。

 

シャンプーで落とせるくらいの着色料なので、髪や頭皮に優しく、整髪料感覚で気軽に使用できます。

 

一時着色料のデメリットは、汗や雨で色がすぐに落ちてしまうところで、気を付けないと服や帽子に色が付いてしまうことがあります。

 

色はシャンプーしたら落ちてしまうので長持ちしません。

 

また、広範囲や全体的に色を付ける場合には難しく、色がムラになりやすいデメリットがあります。