白髪の悩み

ヘアカラーで白髪を染めるメリットとデメリット

ヘアカラーで白髪を染めるメリットは、黒髪を明るい好きな色に染められるところで、白髪も黒髪も一回でしっかり染めることができます。

 

色持ちが長いのもメリットで、大体2ヶ月ぐらいは持ちます。

 

値段が安いのもメリットで、数百円ぐらいで購入できます。

 

ヘアカラーで白髪を染めると、明るさと色をしっかり変えることができます。

 

色が入れば髪が綺麗に見えるので雰囲気を変えられます。

 

ヘアカラーで白髪を染めるデメリットは、髪が傷みやすく、キューティクルが溶けやすいところです。

 

また頭皮も傷みやすく、アレルギー発症の可能性があります。

 

一度アレルギーを発症すると二度と使用はできないので、敏感肌の人にはおすすめできません。

 

ヘアカラーで髪染めすると、頭皮のかぶれなどが起きやすくなります。

 

髪染めの薬液が接すると、頭皮や髪の生え際、額などに、かゆみや赤み、腫れ、ブツブツなどの炎症が起きることがあります。

 

これらの症状に気付かないで使い続けると、さらに症状がひどくなります。

 

また、ヘアカラーで白髪を染めると、キューティクルの表面にある油分がほぼなくなるので、指通りが悪くなるデメリットもあります。

ヘアマニキュアで白髪を染めるデメリット

ヘアマニキュアで白髪を染めるデメリットは、塗るのが難しく、色持ちが悪いところです。

 

ヘアマニキュアの場合、根元からしっかり染めるのが難しく、根元付近は白髪が染めにくいのでどうしても残ってしまいます。

 

また、白髪は染まって見えるのですが、黒髪はほぼ黒いままなので、次回カラーチェンジするのが困難というデメリットもあります。

 

ヘアマニキュアは、髪の表面をコーティングするようにして色をつけていくので、次回、染める際、黒髪を明るくしたいと思ってもうまくいきません。

 

薬剤が浸透しにくい性質があるので、カラーチェンジするのが難しいです。

 

ヘアマニキュアははっきり言って黒髪を明るく染めることはできません。

 

色持ちも1週間から2週間程度で、シャンプーする度に色が徐々に落ちてきます。

 

髪や頭皮にダメージを与えたくない人にヘアマニキュアはおすすめなのですが、色の入りはヘアカラーには劣ります。

 

シャンプーすればするほど色落ちしてきます。

 

色持ちは、せいぜい2〜3週間くらいです。

 

また染めてから3〜5日はタオルに色移りするので注意しないといけません。