白髪の悩み

食生活や生活習慣を見直して白髪を予防しよう

白髪を予防するには、食生活や生活習慣を見直す必要があります。

 

白髪になるのは加齢だけが原因ではなく、食生活の乱れや睡眠不足、ストレスなどによる血行不良など、生活習慣が大きく関係しているからです。

 

毛根組織に常に栄養や酸素が行き渡っていて、メラノサイトの働きが上手くいっていれば、ある程度は白髪を防ぐことができます。

 

毛根の組織にダメージを与える生活習慣をしていると白髪になりやすいので、しっかり見直して改善する必要があります。

 

食生活では、白髪を予防する効果のある食べ物を摂るとよいのですが、何より栄養バランスが大事なので、まんべんなく色んな栄養を摂ることです。

 

白髪予防に効果がある成分だけ摂取しても効率よく吸収されないので、規則正しく栄養バランスの整った食生活を心がけることが大事です。

 

また、毛根組織が受けたダメージは眠っている時に修復されるので、睡眠を規則正しくしっかりとることが大事です。

 

睡眠中、髪の修復や回復を行う成長ホルモンが分泌されるので、白髪を予防するのは睡眠時間もしっかり確保しないといけません。

 

食生活や生活習慣を見直して白髪をしっかり予防していきましょう。

頭皮や髪を紫外線から防いで白髪を防ごう

白髪を防ぐには、頭皮や髪を紫外線から守ることが大事です。

 

白髪を予防するには、紫外線から頭皮を守ることが欠かせません。

 

髪色のメラニンを作る色素幹細胞が老化すると白髪になりますが、メラニンを作る細胞を守るには、紫外線によるダメージを防ぐことが先決です。

 

そうしないと活性酸素の発生やDNAの損傷を防ぐことはできません。

 

頭皮に降り注ぐ紫外線から細胞を守ることは、白髪予防になるのです。

 

紫外線対策としては、外出の際は帽子をかぶると良く、頭皮に日焼け止めを塗っておくとなおよいです。

 

紫外線による肌ダメージは良く知られているのですが、頭皮や髪に対する紫外線対策は疎かにしがちです。

 

顔が日焼けしたり、シミやシワが増えるのは気になるので、多くの人は顔に日焼け止めクリームを施します。

 

しかし髪の毛や頭皮に対して、紫外線を防ぐ対策をする人は少ないです。

 

体のてっぺんにある頭皮に届く紫外線量は、顔に届く紫外線量の2〜6倍もあるので、頭皮や髪はしっかり紫外線から守らなければなりません。

 

頭皮や髪を紫外線から防いで白髪を防ぎましょう。