白髪の悩み

白髪が生まれ変わるサイクルとは

白髪が生まれ変わるサイクルはどのようになっているのでしょう。

 

白髪が生まれ変わるサイクルというのは、実は黒髪が生まれ変わるサイクルと同じです。

 

生え変わる周期は、白髪も黒い髪も同じで、メラニン色素が取り込まれない状態で生えてくる髪の毛が白髪になります。

 

生え変わる周期は黒い髪と同じなので、特別に白髪が生まれ変わるサイクルがあるわけではありません。

 

ただ、白髪の生まれ変わるサイクルには特徴があり、白髪の場合、メラノサイトの働きが衰えたり、メラニン色素がうまく取り込まれないことで起きます。

 

細胞分裂が始まっても白いまま伸びてしまうのが白髪なのです。

 

毛が生え変わるサイクルは、成長期、退行期、休止期の3段階であり、これは白髪も同じです。

 

白髪を改善するのは難しく、休止期に白髪対策の効果を得るのは困難です。

 

白髪のメカニズムは通常のヘアサイクルと同じなので、毛周期に合わせて改善するのは至難の業です。

 

生活習慣や食事の改善などで白髪対策をすることは可能ですが、生え変わっても白髪のままの可能性が高いのです。

 

白髪が生まれ変わるサイクルを断つには、ヘアケアと同時に、カラダの内側から改善していく必要があります。

白髪は何歳くらいから生えてくるの?

白髪は何歳くらいから生えてくるのでしょう。

 

白髪が生えてくる年齢は決まっているわけではありませんが、平均年齢で見ると男性は34歳くらいから、女性では35歳くらいから白髪が生えてくるといわれています。

 

もちろんこれは平均的なデータなので個人差はあります。

 

白髪は生活習慣や遺伝などの問題も関係してくるので、一概に何歳から白髪が生えるとは断定できません。

 

最近は生活習慣の乱れから、若いうちから白髪が生え始める人が急増しています。

 

一般的には、50代半ばくらいになると髪の半分ほどが白髪になることが多いのですが、60歳になっても白髪がほとんどない人もいます。

 

このように年齢差はあるものの、白髪は一般的に前髪の生え際から目立ってきます。

 

次いでこめかみや耳の周辺などが目立ち始め、次第に全体的に白髪が増えてきます。

 

白髪はある程度の年齢になれば、誰でも生えてくるものですが、加齢や老化だけが原因ではありません。

 

遺伝、ストレス、栄養不足、病気などの原因も考えられるので、若くても白髪になる可能性は大いにあります。

 

逆に言えば、これらの原因を改善すれば、白髪が減る可能性があります。